相場の高騰

空前のプラチナ買取ブーム

現在はプラチナ買取が積極的におこなわれています。なぜならプラチナの相場が、非常に高騰しているからです。2000年頃には1gにつき2千円弱だった相場が、現在は5千円弱にまで上がっています。そのくらい人気が高くなっているため、業者は積極的にプラチナ買取をおこなっているのです。相場が高くなっているということは、つまり売り時ということです。そのため、プラチナ製のアクセサリーなどを業者に売却する人もどんどん増えてきています。ブローチやチェーンなどに加工してあっても、使用により汚れていても、純度が高くて重量があれば、プラチナは高く買取されるのです。積極的に売買がおこなわれている現在は、空前のプラチナ買取ブームと言えます。

貴金属を専門に扱っている業者を選択

ただし相場が高くなっていても、全ての業者が相場どおりの買取をしているわけではありません。たとえばアクセサリーの買取専門店の場合、アクセサリーとしての査定をおこなうので、汚れていたり破損していたりすると、その分査定でマイナスの評価が下されます。しかし貴金属を専門に扱っている業者なら、先述したように形状や汚れは関係なく、純度と重さとで査定をしてくれます。溶かして不純物を除去した場合の、正確なプラチナ買取価格を提示してくれるのです。したがって、アクセサリーなどのプラチナ製品を売却する場合には、そういった業者を選択する方が良いと言えます。もちろん、インゴットやコインなど、溶かす必要のないプラチナ製品だと、一層高く査定してもらえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加